読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*きままなひとりごと*

ゆるりとすきなことを呟いています。

あれから一年、えび座の感想などなど。

あれから一年経ちまして。
色々ありつつ大河くんに落ち着いたわたしですが、それでもいまだに思い出しては、わーーーーーっとなったりしています。
例えばWHITEコンの映像をちらっとでも見たり、鍵の無い箱やmasterpieceを聞いたり、歌舞伎やプレゾンの話題になる度に泣きそうになります。いまだに。
自分でも重症だなと思うんだけどまぁ仕方ない。
町田さんが出なくなった後のSHOCKも毎回『ここで町田さんが…』とか『彼の台詞を辰巳が…!』とか泣きながら見てますもんね。そんなわたしがたった一年で忘れられるはずもなかったね!知ってた!
と、わかった振りをしつつもなんでそんなに好きだったんだろうなぁと自分でもよく分からない感情に振り回されてます。
でも不思議と大河くんを見ていると彼のことはまーったく思い出さなくて、目の前のことだけを楽しんで幸せになれる。
それもまた何でだろう?って思うけれど面白いなと思う。
光一さんと同じ誕生日、そして彼と同じ入所日だった大河くん。何か不思議な縁がある子を好きになったなぁ、なんて。

去年は偶然にも稲葉さんのお誕生日に見に行ったえび座、今年は前日までの3日間行ってきました。
14夜、15昼夜、16昼の4回。
楽しかった。
大河くんしか見てなかったしこの3日間あの子のこと思い出さなかったなーと。
幸運にも2回が一階で、2回は二階席で色んなところから見れたし、何より14夜と15昼は遠くても立ち位置ー!(近くで逆サイドよりも立ち位置嬉しい)ってことで、本当楽しかった。
大河くんはそれはもう楽しそうにしていたな、という印象で。現代の設定で歌い踊りお芝居する彼を舞台で見るのは初めてだったので、とても新鮮で。
滝沢歌舞伎の桃庵がとても好きであの時も笑顔がかわいくて癒やし!って思ってたんだけど、またその時と同じ感想を持ちました。
でも可愛いだけじゃなくて、将棋BANG!やCATANA戦は人が変わったみたいに見えて。殺陣の時の冷たくて暗い眸が歌舞伎の時を思い出させて、本当好き好き大好きーーー!になってました。(ついでにいえばえび座には出てないけど、林くんの静かな殺陣も好き)
女子高生の役をやられていたたのうえさんとの絡みは、メモアカでまとめておいてなんですけど、羨ましくて仕方ないのでさらっと流します(笑)
だって妙にリアルなんだもんずるい……。
でもそんな姿もコンサートや滝沢歌舞伎では見られない演出なので新鮮でしたけど。
後はメンバーとのわちゃわちゃだけでなくて、如恵留やちゃかちゃんと笑いあったり江田ちゃんりょーちゃんと遊んだりしーくんとアイコンしたり……更にはA.B.C-Zとも絡んでいて……コミュ力の高さに驚いてました。流石だわー。
きっちりやっていればアイコンやおふざけもありとは思っているしそういう姿を見れるのは貴重だし、そんな所でもないと客席にアピールする所もないしな、と思うとあの時間は大事なものなのかなーとも思います。
ま、そのへんの案件は語ると面倒なことになりそうなので置いといて。
とにかく大河くんが楽しそうなのが嬉しくて、二階も見てニコニコしてくれたのが嬉しくてずっと笑顔でいられました。

今回のえび座は曲がとても良くて懐かしい気持ちになったし、口ずさみやすく覚えやすいメロディであることも、皆が口を揃えてえび座良いよ!という要因のひとつだと思うんですよね。
どんなに俳優が良くても、本が良くても、音楽が印象に残らない舞台って忘れていくんですよね。
逆に音楽がいいとそれを聞いたり思い出すだけで舞台のことを思い出せる。
キャラメルボックスの舞台が好きで通ってたんですけど、未だにサントラ聞くだけで思い出して泣きそうになる作品とかありますし。
だから今回のえび座は映像化はもちろん、サントラも欲しいなぁと思ったり。
とりあえず要望出そう!これは!と思ってます。だって大河くんにずっと『ぜんしんぜんれい!』で応援されたい~!(笑)
なんて。
でも正直ロックオンし過ぎて周りが見れてないので全体見るためにもDVD化してほしい(笑)

本当楽しい舞台でした。
笑顔見れて幸せでした!
千秋楽の今日まで『ぜんしんぜんれい!』で頑張ってね、大河くん。