読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*きままなひとりごと*

ゆるりとすきなことを呟いています。

思い出すのは。

ふと思い出す池田くんの姿は、踊っているところだったり、湖方さんだったり、鶴だったり、愛なんだだったり……色々なんだけど。
一番思い出すのは、2014年5月5日の新橋演舞場での池田くんの笑顔。
あの日はふっかのお誕生日で、わたしにとっての楽公演で、かなりよいお席だった。
(真横に江田ちゃんが立ったお席でした)
当時、相当に湖方さんを拗らせていたけど、涼太くん担だから!とあまり見ないようにしていた池田くん(いま思えばなんて無駄な抵抗(笑))。
涼太くん立ち位置だったのもあって、うわーうわー!!って一人盛り上がってて、おかげさまで素敵な勘違いの目線と微笑みを頂いた気になっていて。
だから、湖方さんは凄くみたけど、池田くんはそこまで見てなかった。基本的には立ち位置上手だしむしろ幸大くん近くてぎゃー!とかなるときもあったりして、楽しいお席だったんですけど。

でね、最後の最後、終わってしまうなぁ寂しいなぁ、ってWithlove聞いてて。
去年わたし初めて過去最高回数、同じ舞台見たんですよね。何せ博多座まで4回も行きましたから(笑)
だから思い出深いっていうか色々思い出しながら見ていて。
そうしたら、下手からすっと二人が出てきてふわりと踊って。
池田くんがふわって笑ったんですよ。
目がなくなっちゃうあの、優しい笑みで。
それを目の前で見た瞬間に、あぁ凄く素敵な人だなぁと思って、いまに至るのです。
幸大くんとね、手を降ろすタイミングが綺麗に揃っていて、二人とも楽しそうな優しい笑顔で。
“MAD”ってやっぱり良いなって改めて思って、あっという間に転げ落ちました(笑)

本当彼のあの微笑みは今でも覚えていて、とてもとても大事にしたいなぁと思っています。
いつだって誰かを思い出すのは笑顔が良いなぁと思うけれど、彼の笑顔は本当思い出すだけで幸せになれるような…素敵な笑顔でした。

またあの笑顔に会いたいなぁ…