*きままなひとりごと*

ゆるりとすきなことを呟いています。

続けてくれてありがとうの話。

12月1日が今年もやってきました。
いや、毎年この日はやってくるんですけどね。
でも、1年が経ってこの日が来ると、あー今日がやってきたなぁとしみじみ思うし、今年もまだ続けていてくれてありがとうの気持ちでいっぱいになります。
入所記念日って変な文化というか独特だなとは思います。ジャニーズ独特のお祝いの仕方。
もちろんアーティストさんのデビュー記念日のお祝いはありますが、デビューしている人ばかりではないタレントが多いこの事務所では、入所した日、が分かっているというのがとてもありがたいなと思います。
彼らがその日に入所しなければ、わたしたちは応援できていない訳ですし。
いつだってありがとうの気持ちはありますが、この日は特にありがとうを伝えたくなります。

わたしが仕事を始めたのは大河くんが入所した翌年です。なので彼の方が年下だけど先輩ですね。
勤続15年、と言われた時にそんなに経ってたんだと思いました。
色んなことがあって辞めようかと思ったことは何度もあるし、実際辞めますと言いに行ったこともありますが結局別の部署に突然行かされて、異動は多々あれど基本的にはずっと同じ仕事をしています。
彼らも同じように悩んで、辞めようと思って、それでもずっと続けているのはきっと辛くても何があっても続ける意味が、あの場所に存在しているからなんだろうなぁと思ったりしています。
勿論、彼らの気持ちはわたし達には知る術もないですが、舞台やコンサートに立つ彼らを見る限りでは、そうなのかなぁなんて。
彼らが望む限り、大河くんがここで仕事を続けると決めている間は、出来ることをしていきたいなぁと思っています。
とりあえずダンスクさんのアンケート応えましょうかね。少クラの要望も。

毎年これが当たり前じゃないと思いながら応援するのは少しだけ寂しいけれど、後悔しないためにはそう思って応援していくしかないかなと思っています。
どうかまた来年も12月1日をお祝いできますように。
秋山大河くん、入所記念日おめでとう。

2018年下期 MADEのお仕事表(11/14更新)

MADEのお仕事表更新しました。
雑誌とか見学とか。
嵐とNEWSの予定はあくまでも「希望」ですが、例年通りなのかな?というのと、EPCOTIAと考えるとJrつくよねぇとか、そういう予測から入れています(笑)
一昨年かな?カウコン書いておいたら出演したので、言霊ということで(笑)

f:id:asami0331:20181114094417j:plain

2018年下期 MADEのお仕事表(10/29更新)

ABC座「ジャニーズ伝説2018」千穐楽おめでとうございます。
ステフォについてと先週までの雑誌で自分が見たもののみ記載をしました。
Travis Japanのブログの方にもかなり写真や名前が上がっていて、抜け漏れがないか心配です。
あとは来月からの予定ですかね!
初日を迎えたら更新出来るといいなぁと思っています。

f:id:asami0331:20181029155245j:plain

2018年下期 MADEのお仕事表(10/15更新)

本日えび座のステフォ出ましたね。
ということでこの3週間くらいのお仕事表更新しました。今年も残り2ヶ月ですね。
大河くんのお誕生日おめでとうは東なのか西なのか…悩みますね…。

f:id:asami0331:20181015184351j:plain

メタルマクベスdisc2を見てきた話。

ばんざ~い~よしたか~
おめ~でとう~
メタマクにしゅつえ~~ん~
(例のメロディで読んでね)


ということで、宇宙Six原嘉孝さん出演のメタルマクベスdisc2見てきました。
※基本的には普通にネタバレします。


私が見たのは9/23マチネと9/30の公演です。席は一回目が20列のセンター付近、二回目は3列の上手サイドでした。
春に彼ら宇宙Sixが出演していた「スクアッド」を幸運にも観劇することが出来て、その時に原くんの演技と表情に引き込まれて、これは、と勢い勇んでチケット取りました。
とりあえず約4時間×2をした感想は「原嘉孝カッコイイ……!!!!!」です。はい。
「スクアッド」見た時も同じこと言ってました確か。嘉孝カッコイイ…と。ウルフがものすんごく好みのキャラクターだったのもあるんですけど、彼がとってもキラキラして見えたんです。いや昔から割とよく見てるし、顔も知ってるしと思ったんですけど、凄く生き生きとしていたというか。あ、こういう顔するのか、とかこういう魅力あったのか!みたいなのの再認識。
桃山で気になっためめこと目黒君を見に行ったつもりがすっかり原嘉孝にやられた「スクアッド」だった訳ですが、今回は原嘉孝を見に行くと決めて見に行った「メタルマクベス」でした。
が、結局感想は同じ。原嘉孝にやられて帰ってきました。


ちなみに、全体的に若いキャストなdisc2と言われていましたが、確かにランダムスターと夫人のやりとりはヤンキーあがりの若いカップルな感じがして、若気の至り的な雰囲気があり危うさと勢いがあった気がします。
その中で「お父さん世代」とデイスられてた岡本様ですが、バイクシーンと演奏シーンが目の前だったので拝みました本当…。生で見る岡本様やはり最高にかっこいいおじ様でした…。(実は好きなんです)
松也さんも櫻子ちゃんも浅利くんも藍里も書きたいことはあるけど、今回は嘉孝さんの話をしようと思います。(いつも嘉孝って、呼び捨てなのであまりにもあれだなと思って気を使った結果、さん付けに落ち着きました)


劇団☆新感線さんのメタマクは見たことがなく、元であるマクベスも大分記憶が曖昧、という中で9/23は見ました。
なのでちょっと現在と過去の切り替えとかよくわからなくなってきて、????という状態で終わってしまって。
二回目は割とするっと見ることが出来たので、この長時間の舞台は複数行った方が良いなーと思いました。えび座なかったら10月も通ってたよね、うん。


嘉孝さんの役はレスポール王の息子、レスポールJr.(以下ジュニア)です。それから200年前のメタルマクベスのレコード会社の社長の息子。どちらも親が王であり社長だからそのあとを継ぐことがほぼ決まっています。
でもジュニアはそれに奢ることはなく礼儀正しいし(後継者宣言された時に周りの臣下にぺこぺこお辞儀をしている感じとか)、真っすぐにすくすく育っている好青年。父王を殺された後も、復讐にとりつかれ過ぎることもなく、ただ間違った者を正す為の戦いに赴いた若き王子という感じでした。
それがまた似合っているんだよねえ嘉孝さん。
アイメイクも相まって印象的な瞳がより際立っていて、二幕は特に『俺が引っ張っていく』という感じのリーダーらしい鋭い瞳が見えて、堪らなく格好良かった。
1幕の王さまへの報告(徳ちゃんの見せ場)の部分のダンスも格好いいんですが、これは下手が多くて上手からだとちょっと見づらい。でもかっこいい。途中で歌っている徳ちゃんの所まで来てグレコと踊ります。
で、最大の見せ場は2幕の「明けない夜はSO LONG」です。グレコと再会しパール王と共にランダムスターを倒しに行こうと誓う所です。
ここはセンターもセンター、ドセンターです。主役です。
初見は後列ながらセンター寄りで見たので、あの広い劇場のド真ん中で、バックダンサー従えて歌って踊る嘉孝さん見て泣きました……。
あれは担当じゃなくても何かくるものがあって、原担さんは大変だわ…タオル必須だわ…とハンカチ握りしめながら見ました。
凄いよねあの新感線の舞台で群舞の頂点に立つ男。キラキラしてた。
話的にもここがジュニアのカッコ良さが見えるシーンでもあるので、息を止めて見入ってしまいました。
あとは最期のシーンですかね、やはり。
ネタバレですけど。
最後どうしてもブレーカーが壊せなくて二本の剣を使って自分の身体に雷を通して、鋼鉄城全体の電力をショートさせ、ランダムスターを感電死させます。
この時に短剣を額に当てて祈るんですよ、ジュニアが。この短剣、レスポール王がジュニアの初陣に与え、そしてランダムスターと夫人がレスポールを殺害するのに使用した短剣です。
そして、父王殺害を疑われたジュニアに、「坊ちゃんが嘘をついていないことくらい目を見ればわかります」とグレコが綺麗にして再度与えてくれたあの短剣です。
これを額に当てて覚悟を決めてジュニアは鉄塔とブレーカーに、両手に持った剣を刺し、自分の身体を通して電力をランダムスターに送るのです。
もうここが切なくてね。たった一人屋上で死んでしまうわけです……
父王を殺された恨みは果たしたと言わんばかりに堂々と立ったまま。
劇中では彼の身体を通じて電力が送られている、という所で場面転換してしまうので、息絶えたところは見ていないのですが、恐らくあれはもう死んでるよね…。
3列目サイドの時はこのジュニアの死に際がとても近くで見えたので、ずーーーーっと嘉孝さん見てました。結果、松也さん好きの母親も釣られてそちらを見てしまいランダムスターがどうなったのか母娘で分からなくて困りました(笑)
実際ランダムスターってあの時どうなってたんですかね……?


その他細かいところで言うと、1幕でグレコにお弁当渡されるところも好きです。袋にじゅにあって書いてあるのね、幼稚園児かよって(笑)可愛い。
その後バイクで走り去る時にグレコに「また必ず会おう!」って振り返るんだけどその時のお顔がめちゃくちゃカッコイイ。凄い。
2幕はグレコとの再会から「明けない夜はSO LONG」になるんだけど、そのあと城に乗り込んで、屋上行く時のエレベーターに乗ってる映像がスクリーンにどーーーんって出るんですけど、その時のちょっと上から撮ってる感じの嘉孝さんの顔がたまらないから見て欲しい。(っていうか全面そうなるから絶対みるんだけど)
あと屋上行く前にエクスプローラーの息子を庇って
戦う片手での殺陣とかも見所です。
そして最後はカテコですかね。バンドの人とグータッチしてたり、徳ちゃんと仲良しそうだったり、レスポール王と笑ってたり。
いつもの原嘉孝の眩しい笑顔なんだけど、よりキラキラと輝いていた気がしました。
幕が降りる時まで両手でお手振りしてたのが、とても可愛かった30日。勝手にお手振り貰った気になってキャー♡ってなっておきました(笑)


いい役を頂いたよね嘉孝さん。
楽しそうでいいなぁって思う。生の舞台を楽しんでいるなって気がする笑顔に溢れてた。
きっと次また見る時にはもっとキラキラが増した彼を見れるんだろうなぁと思うと、宇宙さんの現場にも俄然行きたくなってきたわたしです。
何か行ける現場をください。
お願いします!!




以降は更にネタバレなのでまだ見てないぞという方は見ないまま観劇くださいね。
ネタバレというか、私が気になった部分なんですけど。
色々気になってはいるんです。
突っ込みどころがあるっていうか(笑)
でもまあノリというか勢いで、考えるな!感じるんだ!的な部分もあると思うので、深くは考えずに楽しんだんですが。


一番気になったのは魔女たちの残した「呪い」です。
予言というよりもこれはマクベスにかけられた「呪い」だと思っています。言霊的な。
この「呪い」にマクベスはずっと振り回されて生きていくんですよね。
欲を出したばかりに悪の道に進んでしまうなんて悲しい人だなあ…。


さて。
「女の股から生まれた男」には殺せず、また「猛り狂った狼の子孫が剣で空を真っ二つに切り裂き、その裂け目から陸のくじらが目を覚まさぬかぎり」は死なないはずのランディ。
そんな二重の呪いがかかったランディは、グレコが剣で切っただけでは殺せません。
彼の死は「帝王切開で生まれた」グレコの力と、「狼の子孫」であるジュニアが「雷と王の短剣の力を使い空を切り裂き、地下の兵器を目覚めさせ」たことにより、死に至る。
……って思ってるんですけど、気になるのは『狼の子孫』です。
この「狼」という単語が出てくるのはここだけです。(多分)
狼らしきものが分かりやすく出てくるところはありません。
出てくるのは、2幕のグレコの城がアップになった時にわかる紋章と、そして最後のグレコの右肩にある刺青です。
となると、グレコが「狼の子孫」だったんでしょうか?
でも「剣で空を真っ二つに切り裂」いたのは、レスポール王の息子であるジュニアです。
それっておかしくない???という。
もしかしたら何か私が見落としていたのかもしれないのですが、とても気になっています。
何せ、城の紋章はともかく、ラストシーンの「これが悪魔の右腕だ!」のグレコのシーンはこの作品の一番の見せどころなわけじゃないですか、グレコ主役だったんかな?みたいな。
(ちなみにこのセリフは切り落としたランディの右腕の意味もあるし、殺したのはランディの「右腕」だったグレコの右肩に入った狼の刻印をみせるためなのか?とかいろいろ考えてしまうんですけど。どうですか?)
そう、「狼の子孫」という部分がわかりやすく出てくるのは、グレコなんですよね。
じゃあジュニアは???ただ感電死しただけ???ってなるので、なんだかしっくり来ない……。
何のための役どころなのだ!と思うわけです。
となると、グレコが何故狼の紋章を城と肩に刻んでいたのか?


①家紋は主君が授けるもの→レスポール家が狼を基本としていて、忠臣であるグレコにも同じような紋章を作ることを許可した

②実はグレコレスポール王の息子だった!→だからひっそりとグレコの家にも紋章の一部を分けた


考えられるとしたらこの2パターンかなと浅慮かもしれませんが思っています。
①だとしたらレスポール家の紋章がどこかで分からないと、つながりが出来ないんですけどね。
でも割と濃厚な感じじゃないですか?なんとなく。
②はこじつけですが、レスポール一族の王妃の話は全く出てこないし、レスポール王とジュニアの年齢差って結構あるなあと思うわけです。となると、ジュニアのお世話係のグレコは実はお兄さんだったのでは?という。
だからグレコは妻子を置いてでもジュニアを迎えに行くし、瞳を見ればわかります、的な話にもつながったりしないかな、と。だってレスポール王亡き後は自分だけが彼の肉親だから。
ジュニアの短剣にスヌーピーが刻まれているっていうのは、まだ狼にはなれないなあ犬くらいかなあというレスポール王の気持ちなのかもしれないな、とかね。


まあ勝手な妄想です(笑)
いやーでもなんかそこだけがすっきりしなくて!
出来ればレスポール王がグレコに家紋として狼を授けたとかさ、あればいいんですけど。もしくはジュニアにもそれ(刺青)があるとかあったらいいんですけど。
これから追加されないかな?……ないか。
と、ここまで書いて、メタマクの昔の公演の頃のブログを拝見していたら、同じようなことを仰っている方々がいたので、やはり当時ももやもや案件だったのだなと知りました。
まあ今回、ジュニアが贔屓の子というのもあって余計にジュニアの意味を考えたくなってしまうのでした。あんなに格好いい最期なのに悲しい…。



しかしだらだらと書きましたが、髑髏城と一緒で語りたくなるんですよね新感線の舞台って。不思議です。
そして長いんだけどあっという間に感じるんですよね。
もちろんここを無くせば3時間に収まるかなとかあるんでしょうけど、飽きさせずに盛り込みまくる舞台ってすごいなぁ…。
そんな舞台にジャニーズJr.から抜擢された嘉孝さんカッコイイ!素敵!!!と褒めたたえて長い文章を終わります。

MADEと一緒に過ごす夏 ~Summer Paradise②

先日前半戦をアップしました。



あとから読み返したらちょこちょこ違うなこれ?というところもあったような気がしますが、まあ個人のブログなのでそんなニュアンスで、ということで。
さて、後半戦です。今回もニュアンスとざっくり感想ということでお願いします。




MCの最後で着替えてきたMADEが着ていたのは、までまで君のバンダナを使った、稲葉さん考案の衣装でした。よく考えたら柄はあのバンドゥヌなので、メンバー手書きの柄入りのあれなんですけど……とっ散らかるかと思いきや、何かお洒落に見えるのは稲葉さんのセンスなんだろうなあ。
ちなみに、MCは相変わらず自由で昼はまだ健翔さんが仕切ってくれたからよかったんですが、健翔さんが衣装チェンジでいなくなった夜は3人だけのMC時間があり、とっ散らかりました(笑)皆「健翔がいないと…(俺たちどうにもならない…)」ってなってたのが可愛かったです(笑)

この、春夏秋冬のイラストをメンバーでそれぞれ担当した「までまで君バンドゥヌ」にちなみ?春夏秋冬メドレーです。

*************************************

16.Still… (春:秋山メイン)
モニターには桜のある風景。淡いピンクや白っぽい照明だったような…?
メンステ下手の端っこに立った大河くんが、アカペラで歌い始めます。
昼は段差につまづいたのか、おっと!ってなっててへ★って照れ笑いしたの可愛かったし、ずるかった。
大河くんのアカペラ部分は「車輪が回り始めてしまったら~過去をそっと抱きしめる」のところ。
大河くんの歌が少しずつ進化していっているのが毎年聞けてとても嬉しい。
他の3人は可動式セットにそれぞれ立っていて、大河くんはその上部を柵を跨ぎながら移動していきます。

※後日up

↑こんな感じのセットなので、横に歩いていけるんですけど。柵をまたげば。
健翔さんは元々中央のセットの階段にいたので、昼は大河くんがしゃがんで上から健翔さんのほっぺたつんしたりいちゃこら←してました。
夜はやっぱりしゃがんだ大河くんを健翔さんが見上げて、にこにこしてました。とりあえずシンメは相変わらず仲良しでした。良き良き。
セットにいた順番は下手から稲葉さん、健翔さん、申樹くんです。


17.SUMMER NUDE ’13 (夏:稲葉メイン)
その選曲!?でも稲葉さんぽーい!って思ったら本人カラオケでも歌ってた(笑)(8/21更新のMADEにおまかせ参照)
上手に集合するMADEたちがわちゃわちゃしながら浮き輪とビーチボールを取り出します。
ビーチボールは稲葉さんが持っていて、ピンクイエローブルーの3色ミックス(だったと思う)で、浮き輪は後ろ3人のそれぞれメンカラ(大河くんだけピンクだけど)でした。
稲葉さんの首と両腕に浮き輪をはめてキャッキャしてるMADEたち……幼稚園児か……
下手の端っこで稲葉さんが歌う後ろで浮き輪つけて踊ってる3人。
最後もっと遊びに行こうぜー!みたいな感じになる稲葉さんに、夜公演では「富山行くんで」みたいなこと言ってはける大河くん。申樹くんはえ?え?ってなって、「お前も行くんだよ!」って引っ張られていった(笑)
浮き輪もあるよー?って言いながら一人取り残される稲葉さん(笑)不憫。
昼は「世知辛い世の中だね…」
夜は「ばいばーい…」
って言ってたかな。
浮き輪は多分メンカラ意識してたんだと思うけど、稲葉さんが他メンバーに返す時は適当なのか入れ替わってた(笑)昼はとみたいがチェンジ、夜はのぶたいがチェンジした浮き輪持ってた。


18.Moon (秋:冨岡メイン)
モニターには夜空と大きな満月。
セットの上に立った健翔さんの右手には扇。
月をバックに舞う健翔さんがめちゃくちゃ綺麗で格好良くて。
彼の扇を扱う指先って本当綺麗だなと思うんですが、昼公演で見れて本当に良かった…。
夜は扇なしで歌だけでした。
稲葉さんと大河くんがバックについて踊っていたんですけど、それも綺麗だったなあ…。
なんか見惚れてしまってあまりよく覚えていませんが、ちょっと「ツキノミチ」思い出しました。あの時も健翔さんは和で格好良かったなって。本当和が似合う男。


19.WHITE WORLD (冬:福士メイン)
落ち着いたブルーとホワイトの照明の下で、歌い始める申樹くん。
最初のフレーズの部分(「Do you remember 出会ったあの日のこと~」)稲葉さんと二人で向かい合うようなシンメな振り付けで歌うんだけど、その時のフレーズとダンスがすごく美しくて、この二人のシンメって本当美しいなって実感。
二人とも喋るとギャップがすごいけど、踊っている時は全然また違って素敵だよね。
中央に来ると大河くんと歌い、そのあと健翔さん、とそれぞれメンバーと一人ずつ踊りながら歌っていく演出。
メモには「かっけーーーーー!」ってひと言書いてあったので、とりあえず申樹くんが格好良かったんだと思います(笑)
去年の湾岸のボイパも、クリエのButterflyもカッコよかったけど、申樹くんのダンスも表現力もレベルアップしているというか、とにかくここは申樹くんばかり見ました。
似合うなぁこういう雰囲気…。


20.春夏秋冬
ここだけどんな演出してたか全く覚えてなくて、ただ曲を聞いて大河くんの顔を見ていた気がする(笑)
今までMADEがやったことがあるわけじゃないのに、前から歌っていたような感じがして4人に合っていたなぁと思います。


しかし、春→大河くん、夏→稲葉さん、秋→健翔さん、冬→申樹くんという組み合わせがとても似合っていて。考えた人最高だな!っていうかMADE最高だな!?
春の柔らかな声、夏の弾ける笑顔、秋の穏やかな風、冬のキリリとした眼差し。
曲も雰囲気もそれぞれに似合っていて、皆個性のあるダンスと表現なのにひとつに上手くまとまっているMADEらしくて。短かったけどとても良いコーナーでした。


21.circle (福士・冨岡)
着替え中はイン・ザ・ルームの曲がBGMで流れていて、上着を脱いでタンク姿になって出てくるのぶとみの2人。
タンクも対になっているみたいなデザインで、二人とも腕の筋肉がやばい…ので、堪能した!めっちゃ見ました!!!(笑)
いつもいなたいがエロいとかセクシーとか言うんですけど(わたし含めてオタクがw)個人的にはそのあたりが前面に出ていないからこそ、この二人はとてもセクシーだなと思う時があって。
この後のいなたいが動のタイプだとすると、こちらは静のタイプの魅力があるなあと思う。
そんな彼らのcircle格好良かった…男らしくて。二の腕が素敵だった。
最後に健翔さんが上から、申樹くんが下から支えるようにエアで球体を作るんだけど(要は、KinKiさんのやめPUREポーズです←こちらのほうが伝わらない疑惑…)それが、合同クリエの時のMADの「鍵のない箱」の時を思い出してちょっとだけうわーーーーーってなってしまったのは内緒です。
夜公演は健翔さんは立ったまま歌って、申樹くんはその前で踊っていて、最後のところだけ健翔さんのところに行って二人でポーズだけ決めてた。


22.torn (稲葉・秋山)
のぶとみがはけて、稼動セットの上に現れる稲葉さんと大河くん。
やはりジャケットを脱いでいて、こちらの二人は黒シャツ。
いやーーーーーーーすごかったね。すごかった。
悲鳴もすごかったw
稲葉さんが8/21のMADEにおまかせでも言ってたけど、「雄大河」だった。本当。
何と説明したらいいのかわからないのんですが、本家の大倉錦戸よりもねちっこいエロさがあるのと、感情が爆発してる感じが伝わってきて、拍手したらいいのか声を上げたらいいのか分からずただ黙って見るしかできなくて。
サビあたりで正面で向かい合ってがっしり両手とも恋人探し繋ぎしてて見つめあって、でもすごくギラギラしてて。
稲葉さんが大河くんの腕を掴んだんだか、逆だったか忘れましたが、とつぜん腕を掴んで引き寄せるみたいな振り付けにもギャーってなりました。頬触れるような振り付けもなかった?なんかもう色々凄い。
でも、大河くんはたしかに力強い正面からぶつかる感じの雄だったけど、稲葉さんも別に雌じゃなくて雄だったよ。美しい、けれど荒々しさが見えるタイプの。女性的と言うより中世的なのかもしれないなぁと思ったり。
そういう表現力がとても上手いんだと思う稲葉さん。


個人的には、とみたいでtorn見たかったんだけどいなたいもありだった。
稲葉さんの美しさとか魅力というか艶みたいなのを引き出せるのって、大河くんなのかなーって見ていると思う。稲葉さんは皆に似合う服を考えるのがうまいけれど、大河くんは皆に合う演出や魅せ方を考えるのがうまいんだと思う。
稲葉さんのMADEにおまかせを読む限り、いなたいでのtornのリクエストが多かったみたいだけど、そういうのがわかっているからファンは投票したのかもね。そういえばわたしはコンビでのリクエストを全くしなかったなと終わってから思いました(笑)


23.イン・ザ・ルーム
大河くんセットに座って最初歌っていたかな。
湾岸からの曲だけどこれもMADEらしい雰囲気で好き。大人っぽくてカッコよくてスマートな男のイメージ。


24.JAM
椅子を下手から皆持ってきて椅子使いながら歌うやつ。
ジャニーズが椅子使って踊るの好きじゃない人居ないでしょ??(2015合同クリエのYOU好きだったなぁ…)
途中で申樹くんが座りながら振り返るみたいな所かっこよかったな、とかやっぱり稲葉さんこういう時の表情や表現がカッコよくて美しくて好きだなぁ、とか。
わたしこの曲をちゃんと知らなくて、後から結構皆がわーっとなってて、びっくり。でも確かに聞いたことはあったけど、なんて曲か分かってなくて。
途中でパンツのポケットに両手ともひっかけて上半身揺らして踊る振り付けがあったのここだと思うんですが、すごく格好良くて…ですね…。でも全然覚えてないのが!悔しい!


25.4+FAN
今やなんとなくMADEの曲となっているNEWSさんの曲。
今回はサポーターズもあったし、感謝カンゲキもあったし、たくさん「MADE」って呼べたなーと。
グループの名前呼べるって嬉しいですよね。たくさんの人にMADEー!って呼んでもらえてニコニコしてる彼らを見たらこちらまで幸せになるよね。
クラップのところやっぱり大河くんて手の甲の所叩いたりするから、あーコイベビの東京楽で見たやつーー!ってなって妙にキュンとした。
ここでも客席降りてたか不明ですが最終的にはサイドの階段登って上まで。


ここからまた課題曲です。
3バルの高さにあるキャットウォークのところに並んで歌い始めます。


26.Familly ~ひとつになること~
並びは下手から多分稲葉秋山冨岡福士。
歌いだしの光一さんパートは大河くん、次の剛さんパートは健翔さん。
その次の二人のところは稲葉福士、と分かれていました。
「繋ぎ合わせたいまは~」のところは、シンメ同士で歌ってたのか全員で歌っていたかは不確か。サビ前のアカペラに近い「君がいるから 僕がいるから」のところは、既にキャットウォークには大河くんと健翔さんしかいなくて……長年のシンメ二人のかけあいがたまらない…。
夜は大河くん一人きりで。でもセンターじゃなくて昼と同じ位置に立って、下にいる健翔さんの方を向くように少し横を向いて歌っていて。その横顔が綺麗だった。
あと、モニターの映像もデビュー組みたい!って感動したのが、片方が映っているときにもう片方が半分重なるようにして映ってるやつ。
あれ当たり前のように見てたけど凄く嬉しいものだよね…。


27.Born in the Earth
MADEはここをお着替えタイムに使用していました。あと数曲だから着替えなくても良いのかもしれないんだけど、でもあえての着替えで。
多分10周年だからオリジナルの衣装にこだわったんじゃないかなと思ってます。だからNEWS増田さんから直々にお借りしている衣装と、2016、2017、2018と毎年増えていったMADEだけのオリジナル衣装を全部着てきたのかなぁーって。
稲葉さんと健翔さんを残し、のぶたいはお着替えでマント無しの白衣装になるのですが、夜は健翔さんが着替えられないので、さっきのまでまで君のジャケットを着てくるだけになってました。
夜は健翔さんが中央から動けないので、稲葉さんが移動しながら歌って、でも最後の方(サビのところかなー。僕ら出逢えたこの奇跡のあたり)は健翔さんの所に行ってハグしながら笑ってて、あーーそういうところ好きーーーってなりました。
途中で着替え終わったのぶたいが戻ってきて歌い、最後は全員で。


28.Power of the Paradise
一応これが本編ラストらしいです。
次の曲はアンコール扱いだそう。
着替え終わって揃った衣装は湾岸のオープニングで着ていた、白の王子衣装。
流石に暑いのかあの裏地が派手なマントは無しで、あとは巻スカートみたいなものも含めてセット。
歌う前に大河くん「秋山大河歌いまーす!」って言ってたのここかな。可愛かった。そして上手かった。
基本的に踊らなくてファンサタイムでした。端から端まで行って、上にも手を振って。皆ニコニコしてて、愛しかった。
この曲って嵐の時や去年の合同クリエの印象で旗振りの明るい曲のイメージだったけど、歌詞を見ると物凄く良いなぁって改めて思う。「強がりや理想だけじゃ 届かなくて」とかさ。「数えきれないほど流した涙や諦めだって」とかさ。これが今年のJrコンの課題曲なのは、なんかぐさりとくるよね。皆自担に、自グループに重ねるでしょ、このフレーズ。乗り越えて先へ行って欲しいとまた感じさせる曲だったなぁと。

夜公演は稲葉さんセンターに下手に申樹くん、上手に大河くんで、稲葉さんの後ろに健翔さん。
始まる前に大河くんが稲葉さんに何か耳打ちして、それに稲葉さんが軽く首振って大河くんも頷いて何も無かったように歌い出し、ファンサタイム。
ほかのグループはここは踊っていたらしく、昼から踊っていなかったMADEは恐らくこのタイミングには健翔さんの腰はやられてて、慌てて変えたのかな、と。
だから夜公演最後は3人で踊る?どうする?みたいなことを、大河くんはリーダーに聞いたのかなぁーって。憶測ですけど。
MCではあんなに自由気ままな幼稚園児なのに、こういう時はリーダーの顔してるんだなー稲葉さん…カッコイイ…


レポもしたんですが、夜公演は曲の途中で大河くんが健翔さんの立っているセットの前に歩いて行って。
その前に立って。マイクを持っていない左手で、健翔さんの右手を掴んで、前見てそのまま歌って。
全然ね振り向かないの、健翔さんの方。それで明るい曲調なのに2人の顔は少しだけ固くてでも強くて。次第に泣きそうに顔を歪ませる健翔さんに気付いたのかどうなのか、それでも大河くんは前を向いて、眉をきゅっと寄せて泣かないようにしながら、ぎゅうって手のひらに力を込めて。
そのまましばらく二人はぎゅっと手を握ったまま歌っていて、それがなんかこう……本当……
歌詞がさ「孤独の中信じたのは重ねてきた日々の記憶 うるさいほどの静寂はだれも入り込めはしないよ」なのがまた余計にあれで。
今でも思い出すと胸がいっぱいになってしまって泣きそうになるし、辛くて苦しかったのは彼らの方だってわかってるけど、それでもやっぱり泣きたくなる。
この2人の信頼関係というか絆みたいなものは凄く強いんだなぁと思ったし、毎回毎回片方が泣いたら片方は我慢するシンメがとても愛しかった。


バイバイって一度はけるMADEさんたち。昼かな、大河くん客席数皆に「楽しんでもらえましたかっ?最高の夏になりましたかっ!?」って聞いたあとに、「馬鹿野郎俺たちの方が最高だったよ!」ってシゲさんの言い方で締めるのずーるーいーーーー!!!!!(笑)
夜は「今日はどうもありがとうーーーー!!!」「最高の夏だったぜーー!」って、健翔さんのいるセットにみんな集合して、セットが回転してみんな居なくなる。


その最後にMADEからのメッセージ。
モニター黒バックにこんな感じ↓で表示されてたと思います。

f:id:asami0331:20180823184331p:plain

最初は普通に文章だけで、最後に今オレンジ色にしてある文字が色が変わっていって「MADEにおまかせ」って読めるようになっていました。
ここにもまでまで君いたよ。
こういうモニターを使った演出もこういう大きな会場であればこそ、だと思うのでそれが嬉しかったなぁ。
※上記の画像は記憶を頼りにパワポで作った画像です。なのでまでまで君の顔のバランスがおかしいですwすみません。


29.Summer Paradise
アンコール扱いのこの曲。
夜は大河くんセンターだったような?
最初の腕を組んで腰を落として踊る振り付けがめちゃくちゃ好きで、アンコールでも同じようにがっつりここは踊ってくれるので良かった。
オープニングで歌うのとは違って、最初のパートがバラードバージョン。なんか海辺で夕暮れになったみたいな感じ。
大河くんは夜は特に「さわげーーー!!!!!」って言ってた。
最後にスタッフに感謝、お嬢様に愛をこめてありがとう、という挨拶を健翔さんがして。
「俺たちの名前は?せーの!」\めいどーー!!/を今年もやれたのが嬉しいね……。
昼は「ばいばーい」って低めの声で言う大河くんかっこよかった…。
夜は階段のところにみんな集合しての挨拶だったかな。
「本日はこんな形になってしまってすみませんでした。でもみなさんの暖かい声援が本当に……(涙ぐむ健翔さん…)また4人で踊ってアクロバットして元気な姿をまた必ず見せたいと思うので、応援よろしくお願いします!」って挨拶する末っ子に、でっかい声で「よろしくお願いします!!!」っていう両端の年長2人がすごくすごくお兄ちゃんだった。
健翔さんがまたスタッフに拍手を、と。
それから、「会場に来てくれたひと、そしてすべてのお嬢様に僕達から愛をこめてどうもありがとうーー!!!」って言ってくれて皆でまた「俺たちの名前は?」\めいどーーーーー!/をやった。
泣かないし健翔さんのほうをちゃんと見ない大河くんが少しだけ後半唇噛むように表情が固くて、あぁ泣きそうなんだななんて思ってみていました。
そしてバイバーイ!して。
そこからMADEコールするんだけど、広くてなかなか揃わない(笑)そしてアリーナ(有難いことにアリーナだったんですよ…)のうちらの周りうちわとキンブレは多かったけど、コールは全くで……ちょっと寂しかった…けど、出てきてくれたMADEたち。
「待ってたんじゃないの?うちらのお嬢様まだやれるでしょ???最後だぞーーーーー!!」って煽って煽って、最後に「愛してるよーーーー」っていう大河くんずるい。好き。


30.NYARO
夜公演のみのアンコールでした。
涙なんて吹き飛ばす楽しい曲で終わったのとても楽しかったです。
終わって健翔さんが階段から降りようとしたのをみんなでサーーって迎えに行って大河くんが右側、稲葉さんが左で腰を支えながらセンターに連れて行って。
最後に河合くんが見に来てくれたらしく、「こんな所で紹介でなんなんですが…」と紹介が。
大河くんが「おにい」って何度か呼んでた。下からだと見えなかったけど、モニターに写ってるのは確認!真っ赤なポロシャツにメガネで格好いい…。
「健翔がなんかあったって言うから急遽遊びに来たんだよー。MADEのチームワークもいいし、ファンのみんなとのチームワークもいいから。暖かいお客さんで良かったじゃないですか」って。元担に自担グループ褒められたーー!(;_;)
嬉しかった…本当…。
リリホワやらないの?って聞いてもうやった(お仕事の都合で後半から見に来たらしい)と言われ、「アンコールでやるかと思ってたー!」って河合くん(笑)ファンがMADEに\やってー!/って言うけど、「いやことテンションでりりーほわいとじゃないっしょ(笑)」って大河くん困っててやりませんでした(笑)「未来は明るいかい?(河合くんソロ曲)やるー?あ、でも1人だと失敗するんだよねー」ってキャキャキャって笑う河合くん。
その後畳み掛けるように宣伝がw「大河と福士とはコインロッカーベイビーズで一緒にやってるんで!」そこからちゃんずー、ジョイポリ、新曲の話。
河合くんが「新曲買ってとは言わないけど、僕はMADEが好きです」と言われてMADEがそわそわ(笑)「買わないと俺と福士がどうにかなっちゃうかも!」と2人でくっついて直立不動してるのぶたい可愛かった。
「あとどれだけ喋っていいの?」とまだ喋る気満々な河合くんに「いやもうそろそろ…」と健翔さんが促し、それでも喋ろうとするのを「誰かマイクを取り上げてくださーい!楽屋で喋りましょう!待ってるんで!」と遮る大河くん(笑)
本当河合くんが来てくれてこの最後にMADE4人をたくさん笑顔にしてくれて感謝しかなかった!
やっぱり河合くん上手いなーって思う。あのままさらっておわってたら、また怪我のこと健翔さんが気にするかもしれないしファンも湿っぽく終わってたかもしれないけど、河合くんが怪我のことは多くは触れないでいてくれて、色々話してくれたり笑いを取ってくれたりして、皆が笑顔になれた。忙しいのに見に来てくれたんだよね…本当優しいな…。
お礼というわけではないですがCD買いますね。


河合くんがはけて、少し前に出ようとする健翔さんを支えて皆で前へ。奥の方で健翔さんが見えなかったファンに手を振って「ごめんね」って。なんて優しいんだ…。
「勝手なこというけど、あといっかいくらいちゃんと…ね、できたらいいなって。なんも決まってないんだけど!!今年4ヶ月しかないんだけどこのまま2018年終わりたくないなって気持ちがあるんで…万全な状態で、元気な姿で戻ってこれるように頑張りますので、よろしくお願いします」という感じのことを、健翔さんがちょっと早口で喋ってました。
「御来場いただきありがとうございましたーーー!また遊びに来てください」と真ん中で締めた…んだけど、大河くんが「これから俺ら歩くのめっちゃゆっくりだからね!」って言って健翔さんに肩を貸しながら上手のはけ口によんこいちで歩いて行って、それがもう可愛くて……。
時間がかかるからって稲葉さんが突然「なんかやっとく?百人乗ってもー?\大丈夫ーー!!!/これ便利ー♡」ってww便利とかそういうことじゃないwwwでも物凄くナチュラルに自然にぶっ込んできたから、和んだのは確か(笑)
大河くんが「俺もそんなの欲しいなー」って。
さらに稲葉さん「目力胸板! \サンキューでーす!/」って申樹くんの言い始めて、大河くんが何を思ったか「クソ!」って言い始めて客席が「アシメ!」って返したのは本当笑った(笑)
もう一個できたー!っていやそれ大河くんのことじゃないし、健翔さんのことdisってるだけじゃん!!!っていうwww健翔さんのクソアシメいじりまだ続いてたwww(その日の夜のMCで話題になった)ここ、めちゃくちゃ面白かった。
あと、「のぶぅ最後格好いいこと言って」って突然大河くんからムチャぶりされて一人取り残された申樹くんが一人でめちゃくちゃ戸惑って、きょろきょろして「え、まってみんなで言おうよー俺こういうのできない!」ってそわそわしてて(笑)
そしたら、稲葉さんが颯爽と現れて『何やってんだよ』って顔して、
(o‘ー‘)「本当ありがとうございました!ほら、しまんなくなっちゃうからいくよ」
(◎◇◎)「はいはい」
二人でぴったりくっついて同じようなお辞儀して「ありがとうございましたー!」って。
打合せもなくこんなぴったり揃う?ってくらい綺麗に揃ってたから、長年の付き合いってすごいなーと思った次第です。とみたいだけじゃないんだぜ、最強のシンメは。
あーみんなまるっと可愛かった!!!!



あー面白かった!幸せだった!
って帰ると最後の通路のところはこんなのになってます。

f:id:asami0331:20180823184802j:plain

またMADEの公演あるといいな。
っていうか、やろう、健翔さんの腰が良くなったら!!!無理はしてほしくないけど、でもファンはずっと楽しみに待ってます。
ファンにも出来ること、また明日から頑張ろうって思った夜公演でした。



*************************************

まとめた感想とMCはまた後日で!
今月中には…やりたいよね…記憶ももう昼だったのか夜だったのか…になってきているので(笑)

MADEと一緒に過ごす夏 ~Summer Paradise①

Welcome to Summer Paradise!!!!


ということで、この夏一番のお楽しみである「Summer Paradise」通称サマパラに行ってきました。
たった2公演、されど2公演。MADEにとって初めての夏の単独コンサートです。
終わってみると、とても貴重な2公演で幸せな時間でした。
夜公演前に健翔さんが腰をやってしまい、動けなくなりずっと固定位置で立って歌うっていうことになりましたが、それでも出てきてくれたことにとても感謝だし、確かに完全な状態ではなかったかもしれないけど、すごくすごく楽しくて、MADEの絆が見えたりもして、幸せでした。
(この後のメモは基本的には昼のものです。夜はちょこっと追記する感じで書いてます)

*************************************

MADEは8月16日木曜日、13時公演と17時公演の2回公演。
グッズは自分のTwitterでつぶやいたので割愛しますが、既に朝の段階で疲れ果てていました(笑)
いや、6時15分並び始めて10時過ぎには買えたので、たった4時間ではあるのですが、それでもしんどいものでした…オタクのみんな頑張ったよね…お疲れ様でした。
購入後はとりあえず涼しいお店で水分を取って休憩してから再び会場へ。

12時頃から入場でドキドキしながら写真を撮ったらぶれましたが、入り口の写真。

f:id:asami0331:20180821213413j:plain

そしてゲートの入り口。

f:id:asami0331:20180821213527j:plain

毎年SZのサマパラに行ってみたいなーと思いつつ行けなくて、だからここでの公演を見るのはもしかするとえびさんの時以来。
なんだか少し懐かしいような気持ちになりながら、とりあえずドリンクを買いに。

f:id:asami0331:20180821213613j:plain

早速アクスタを開けて撮ってみました(笑)
赤い飲み物が無かったのでアイスティーにしてみましたが、あまり赤っぽくなかった…残念…。
(ちなみにMCでめっちゃ稲葉さん(グッズ宣伝部長)がアピールするので、記念に夜公演前にも飲みました(笑))


ドキドキしながら席についてようやく公演スタート、です。




☆以降記憶のみでわーっと書き散らしていますので、いろいろ間違っていたらすみません。

*************************************


今回のセットリストはこちらです。
f:id:asami0331:20180823161047p:plain

*************************************

幕が上がる前に大河→申樹→稲葉→健翔の順で影ナレ。なんかディズニーみある音楽だった(笑)大河くんくらいしか覚えてない…のですが。
大河「いらっしゃいませお嬢様ー!MADEの秋山大河でーす!盛り上がっていけんのかー!?最後までこの調子でよろしく!」
福士「目力胸板サンキューでーす!」
稲葉「稲葉光でーす!100人乗ってもー?\大丈夫ー!/」
健翔「みんなで盛り上がっていきましょう~」
こんな感じ。


1.Summer Paradise
1列に並んだMADE登場。
衣装は前回NEWS先輩から頂いた黒チェック×黄色の星のセットアップ。それぞれ本当似合っていてカッコイイ。
大河くん真ん中分けだったかな。コイベビ終わるまで髪切れないから踊ってる間にかなり顔にかかって邪魔そうだった。(でもそれがまたセクシーで好き)
この曲、何気に耳に残る音で、しかも多分すのすととらうちゅめどどこが歌っても違和感ない気がする。
若々し過ぎず、かといってカッコつけすぎてもないし、ガツガツしすぎてもいなくて。
これ少年倶楽部でやりましょうよ~~サマパラ組皆毎週やったらいいじゃんーーーー。
冒頭部分で、腕を前で組むみたいにして腰を落として踊るところがあるんですけど、そこの大河くんがものすごく好きな踊る大河だった。
踊る大河くんが好きだなーーーーーーってもう1曲目からこれにチケット代ぜんぶ!って言いたくなるあの一瞬でした。(きっと大河担はわかってくれるはず…)


2.仮面舞踏会
最初のドラムの音があープレゾンとかSHOCKとか光一さんがソロでやったりする音だーーーーってなってとてもときめいていた。(あと、やっぱりディズニーのBBB的な…)
ジャズなアレンジがたまらなく好き!


3.パラダイス銀河
ここのメドレー全体的に短いのでわりとすぐにこの曲になっちゃう。
ここはサイドの3バルの高さまである階段使ってたかな。
わたし光GENJIからのジャニオタなのでMADEがこれ歌うの嬉しかったなぁ。でもこれもプレゾンっぽい!w
何だか共通曲がプレゾンみがあって、青山劇場かな?と思いました一瞬。
この後、階段登ってキャットウォーク行くまで、やっほーーーーー!って言いまくる稲葉さん。
そのやっほーーーーーが長すぎて返すタイミングが行方不明で戸惑う客席が面白かったです(笑)


4.硝子の少年
キャットウォークに4人並んであの振り付け。Stay with me~の所からちょっとだけなんだけど、やっぱり嬉しい。MAが踊ってた曲をMADEが!!!!みたいな。懐古オタクで本当申し訳ない。


5.NON STOP!!
みんな左右に別れて階段降りてくる。下手の階段の1つ目の踊り場のところで申樹くんが声出し。こういう時ってわりと申樹くんがやることが多いよね。
申樹「TDCホール盛り上がってるかー!?MADEがきたぞー!ひかるがきたぞー!たいががきたぞー!けんとがきたぞー!そしてのぶぅがきたぞー!」
自分でのぶぅっていうんですね、申樹さん…って思いながら見ていました(笑)
その時かなぁ?1人ずつモニターに抜かれて、稲葉さんが顔のそばで横ピースしてて可愛かったやつ。
またメンステで並んで歌ってたと思う。2番の歌詞まで歌ってたかな。「輝きだすよブランニューライト」の所の大河くんの声がすごい好きだった、甘くて。
これ聞くと問答無用で少年隊と踊るMAが出てくるっていう呪いにかかっているので、昼公演の時は泣いてしまってそのままのテンションでメドレーに入り、泣きながら咳き込んで酸素足りてなかった…。周りの人と友達に迷惑かけてしまったすみません…。
でも本当この曲好きなんだよなぁ。
夜公演は健翔くんが動けないので中央にいたのだけど、その時になんかとみたいがいちゃついてたことは覚えている…←
健翔さんは夜はこのあたりは手だけで踊ったりしていて、そこにまたみんなが集まってにこにこ笑っていて、それがまた泣きそうに愛しくて、自分が楽しいんだかさみしいんだかよくわからなくなりました。


ここまでが課題曲というか共通曲。MADEは1度後ろにはけて、お着替えタイム。
その間になんとどでかいモニターに映像が!!!慣れてないMADE担ざわつく(笑)
最初に過去のSUMMARY映像。JUMPとかえびとかセクゾとかの映像が流れていく。
次に今回のサマパラやってるグループ名がばーっと出てきて最後に「MADE」の文字。更にそのMADEの文字がいろんなパターンでモニターに出てくる。鉄板に打ち抜きされていくみたいな映像でMADEって1文字ずつ表情されてたり、なんか近未来の機械みたいな形だったり(説明下手くそか!)それだけでおおぉ?!ってなってたのに、その後アクスタの写真+名前がバーン!って1人ずつ映し出されて、ぎゃーーー!!!でした。
いやあれですよ、よくデビュー組がオープニングとかで使ってて、メンバーが順々に画面に映し出されて、逐一ギャーーー!ってみんな叫ぶヤツ。あれ。
あれがMADEもやってもらえて、でっかいモニターに全面に映し出されてて、もうそれだけで嬉しい。凄い。
順番は、大河から始まったことは覚えていますが、あとは不明です…(笑)
手前に画像ドーン、背面はローマ字の名前がリピート、下部に漢字の名前+ローマ字名前だったかと思います。
本当記憶が曖昧過ぎますが、とりあえず感動しましたこれ…。


そして、再びMADEが登場。


6.Super SONIC
久々のスパソニーーーー!!!!!!
衣装は例の稲葉光渾身のデニム衣装です!!!!!
本当この衣装好きで、湾岸ではなかったのでちょっと寂しかったのでした。
今回はNEWSからのおさがりチェック衣装・稲葉さんの衣装×3(夜公演は2種類のみ)という総集編みたいな感じ。
だからほぼオリジナル衣装なんですよね……それってすごくない?
オリジナル曲はないかもしれないけど、MADEにはメンバー作成のオリジナル衣装がある、というのは強みだなと思います。
話はそれましたが、そのデニム衣装でのスパソニ。
メドレーなので短めではありますが、格好良すぎて死亡…


7.Wonder
前の曲の最後の1音から次の曲に繋がり「We are Fantastic 4」ところからサビ部分だけという感じだったかな。
wonder wonder wonder♪で手をぐるぐる振るやつはやってた。大河くんのシャウトもあったと思う。
その時は1列になるけど、その前は前もやってたフォーメーションで動いていて、さっきのNON STOP!!でさわやか兄さんたちだったのに、全然違った顔で踊ってるから本当MADEって怖い。


8.Black of Night
この曲もWonderのラストから繋がるみたいに始まって、間奏からもうすぐサビに入る。短いーーでも死ぬほど好き。
曲に入る一瞬で、あの口元を両手で隠し、息をのむような仕草が入っていた気がする。
間奏の操るやつは、湾岸は健翔さんだったけど、稲葉さんになっていたような…?
夜は健翔さんがいないので、前にのぶたい・後ろの操るところが稲葉さんだったかな。
間奏部分の振り付けで、前の人の肩に腕を伸ばして、その腕を片方の指で歩かせる…みたいなのがあったんですけど、あれ湾岸でもやってた?
夜公演だったか、大河くん頭振った時にフードかぶっちゃってそのままちょっと踊ってたのがぞくぞくするほど格好良かったです。好き。
「今にもこぼれおちそうで~」の振り付けは湾岸と同じだった。


9.Lily-White
最初、え、これまさか?え??って頭がついていかなくて、結局よく覚えてない…
とりあえずとにかくカッコイイ。
えびさんの曲としても好きだし、福田くんの振り付けもカッコよくて、良いなぁと思っていたのでした。
まさかMADEがこれを選ぶとは思っていなかったので、意外性もあり、でも踊っているところを見たらしっくりきた感じです。
「君がいなきゃ寂しがり屋」のところは大河くんだったはず。なんかもうそこしか覚えてない…振り付けがどうだったかとかも覚えてないので、映像化して欲しい…


ーーしかし、このメドレー死ぬね!みんな良く生き返ったよね!(実際昼は本当ここまでで咳きこみすぎて死ぬかと思った)
殺しにかかってるMADEがみたいな流れ。
あと、みんな歌が上手くなっていた気がするんですが!どうですか!!!
しかし次の曲にすぐ入るので余韻があと少し欲しかった…。


10.恋祭り
客席降りするにあたり、皆ジャケットを脱いでベスト姿になってます。
前回は確かジャケットの下はシャツで、ベストがなかった気がするので、久しぶりのベスト姿。
確か2016年クリエの2日目の昼だけベスト見せてくれたんですよね。
大河くんの背中側の記事が赤のペイズリー柄のバンダナっぽくてかわいかった。
あ、大河くんはキャスケットも袖から持ってきてかぶっていました。
彼は下手側のお立ち台のところに来てたかな。
そういえば…モニターあんまり見てなかったんですけど、もしや歌詞出てたのかな?せっかくのモニター活用なのに目の前しか見えてなくてあまりちゃんと見れてなかった…。
バクステに集合。


11.Don't You Get it
バクステ。
ピンクの布を巻いたスタンドマイクでパフォーマンス。
このスタンドマイクはMADE写真館でラストに更新されたあれです。
このスタンドマイクを足で引っ掛けて起こしたり、くるりと回したりするんですけど、まあ慣れてなくて…w
昼もまあまあみんな上手くいってなかったんだけど、夜の大河くんひどかった(笑)全然できてない(笑)
稲葉さんは流石たらしのボーカリスト的な!w
扱いがうまい~格好いい!2016年のMADEクリエでやった稲葉さんソロ(TOKIOのFeel it)を思い出す~~~
とか思いながら見てました。
「あらがって~」とか誰が言ってたんだろう…(既に覚えていない)


12.NYARO
引き続きバクステ。
にゃろっていえますかー?は稲葉さんが言っていた気がしますが記憶が定かではありません…。
あ、でも大河くんが「言えるよねぇー?」ってニヤニヤ言ってたので、多分いえますかー?は稲葉さんかな。
「右から3番目の~」はNEWSさんバックの時と同じく申樹くんが探しに行って、あの子あの子!みたいな仕草して皆でのぞき込むという形。
あ、「僕のトナリに~」のところで申樹くん自分の隣のスペースのところ『ここ空いてますよ!』って感じでエア肩組みたいなのしてた。
夜は「僕だけのエンジェル」あたりで、健翔さんが一人メンステで『ここ!ここにもいるよ!』みたいなアピールしてて、でもバクステの3人最初気づいてなくて、途中で大河くんが気付いて、『ほら健ちゃんがいるよー』みたいに指さして前の二人になんか言ってた(でも気づいてない二人w)
途中からお立ち台の下手側にいなとみ、上手側にのぶたいでイチャイチャしてた←
その場所で「二人歩くシーサイド~」のところもやるんだけど、下手は稲葉健翔ペアで、上手は申樹大河ペア。NEWSの時と同じですね。
腕くんだりハート作ったり可愛い。相変わらずのぶたいはぴったりくっついてる感じで仲良し。
夜は健翔さんがいなかったので、稲葉さんが腕を組めるようにするんだけど、『いない!?けんと!はやく!!!』って感じでわたわたしてて、ステージの健翔さんが無理!無理だから!ってバタバタするっていうすごく可愛いいなとみでした。
で、最終的に「make a miracle」のところ、健翔さん一人でハート作って笑ってた。はにかみ笑顔がめちゃくちゃ可愛い。


13.サポーターズ
メンステに戻ったMADEたちが、「うーーーー↑↑」って言い始めて「えむ!えー!でぃー!からのいー!全力!」って一回歌ったら皆さわざわっとして「ひゃあぁぁぁ(///ω///)v」って嬉しそうな声が上がって、その後わかる子達はそれについていってコールして。すごく嬉しかった。
他グループのファンの人、最近好きになった人、色んな人がいたから正直ピンと来てなかった人も多かったと思うのだけど、のってくれてありがとうございました!!!!
いつもこの曲を聞くと泣きそうな気持になるんですが何でですかね…。
応援屋が凄く好きだったし、この曲も好きだし、多分あの舞台の前後の色々とかを思い出すからなんだろうなぁ…。
振り付けは舞台と同じだったと思います。結局ちゃんと歌うのワンコーラスだけなんですよね。
「君をサポートしたい どんなに辛い夜も 涙が枯れ果てたとしても ひとりじゃない忘れないでね あの日約束した未来まで今はまだ遠いけどいつか届く」だけなんですよ。
でもここを歌うっていうのが重要だったのかなって気はします。
最後のほうの「ラララララ~」のところはMADEが歌い、 「えむ!えー!でぃー!からのいー!Zenryoku!」はファンが歌う感じでした。
けど、全身全霊!なかった。ちょっと寂しい。ずっと全力のターンw
健翔さんが最後に「どうもありがとう」って言ってた、昼。


14.Love Situation
メンステからのサイドの階段への移動あり。
たしか下手側上手側2人ずつ分かれて踊ってた気がする。下手側はいなとみ、上手側はのぶたいだったような……。幸せわけてあげたい~で2人で♡作ってたー懐かしいー!可愛い!
間奏だったかな、センステに稲葉さんと申樹くんがいたんですけど、マイクを置いた申樹くん。
そして両手を広げた彼の腕の中に突然ドーンと稲葉さんが「いくぜー!」って言って飛び乗って、姫抱っこしてもらってた(笑)
え、自ら飛び込むの?っていうかまあまあな勢いで飛び込んだけど!?っていう衝撃に思わず二度見しました。
思えばNEWSさんお下がりを組み合わせたメンカラのチェック衣装を着ていた2015年クリエの時だったと思いますが、姫抱っこしてましたよね…彼ら。
何かの雑誌に載っていた記憶があるのですが。
その時は重そうに抱える申樹くんの姿が残っていたのですが、今回普通に抱えてた。前よりも鍛えて力持ちな申樹くんがしっかり受け止めてました。
足はみ出してるし、でかいけどね、姫が(笑)
そのころとみたいは左右の階段の2階部分のところに立って、下手側の健翔くんがエアボールを投げて、上手側の大河くんがエアバットで打ってた。可愛い。ちゃんと、ひゅんって投げる音とカキーーン!って音響ついてた!
夜は健翔くんはセンステ中央にいたので、そこから大河くんのほうにエアボールが投げられて、またカキーン!と打ち上げてた。
その前に一瞬健翔さんの方を振り返った大河くんがいたので、打ち合わせたわけじゃなくて、その時に視線で合図してたのかなーと思いました。
「チカヅキタイ」の台詞は今回は2回とも大河くん。(湾岸ライブでのこの曲の様子は過去のブログをどうぞ)
サイドの階段の上手側の2階のところ、手すりに手を置いての一言でした。
そのあとは皆メンステ戻ってきて4人でサビ歌ってた。


15.感謝カンゲキ雨嵐
ここでそれか!という……!
恋祭り~NYAROって夏ソングとか盛り上げ曲的な感じで、その後のサポーターズ~感謝カンゲキはMADEからファンへのありがとうな感じで。
ラブシチュっていつもサビの「チカヅキタイ」がわーーーっとなってしまうけど、歌詞見ると本当Jr.に合う曲だなあと思っていて、そこからの「ピンチに強い」彼らが「ありがとう」と「君がいて」「うれしいよ」と言ってくれるのって本当最高に嬉しくて、10周年の半分も応援できていないけれど、今この瞬間、好きでいてよかったなと思える瞬間でした。
「Smile again~ありがとう」のあとの\あらしー!/のとこを\めいどー/に変えてすぐ歌っちゃうオタクが愛しい。
間奏のところで健翔さんが「たくさんの愛をこめて!10年間ありがとうー!」
そして間髪入れずに暗転しモニターには【緊急!MADE総会】の文字。
ここからMCです。



*************************************

とりあえず今回はここまで!(笑)
全部終わるまでだと夏終わっちゃいそうなので、小出しにしておきます。
次は後半戦。その後MCで可愛かったところ思い出せたらあげておこうかなと思っています。
(そういっていて湾岸は結局上げられなかったけど…まあ待っていた方はいないと思うので(笑)基本的に自己満足のメモですのでご了承くださいませ)


※8/23セットリスト追加